最近は悪天候や身内の健康問題のバタバタであまり店の新規開拓が出来ず、今週の本サイトの更新は延期する事にしました。万が一、楽しみにしていた方がおられたら申し訳ありません。
そんな中、前回のエントリーで、keitさんから古川橋の珉龍にカツ丼は無いけど「中華風トンカツ定食」があるという情報をいただき、コメントでは遠いとぶつくさ言っていた私でしたが、やはり自称「大阪一の中華風カツ丼マニア」としては見逃せない話なわけで、せめてここだけはと早速訪れてみました(笑)。
おそらく、keitさんが訪れた時とはメニューが変わったのでしょうが、中華風トンカツ定食の他にも中華風カツ丼がしっかりとありました。お値段は680円。
そのカツ丼の内容自体は、ご飯の上にカツが盛られ、そこに卵を溶きいれた餡がたっぷりと同じ形なのですが、惜しむらくは餡が甘辛ではなくて醤油味なんですよね~。
いや、これはこれで十分うまいし、甘辛タイプよりもこっちの方が好きな人もいるとは思うんですが、私の心にストライクとまでは行かないかなと・・・
それよりも、隣のテーブルで食べてた700円の天津飯定食が、普通の天津飯に加えてから揚げがほとんど丸々一人前分乗っかっていたのに驚きました。どうやら、ここは対ボリュームのCPでも良い店のようですね。
何度か通うチャンスがあれば、是非とも本サイトに載せてみたいところです。
中華料理ミン龍
大阪府門真市末広町32-7
06-6909-3596
スポンサードリンク