アメリカでB級と言えば第一に来るのがファストフードです。と言うか、店員が料理を運んでくる店のほとんどにチップが必要な事を考えると、アメリカでの厳密なB級グルメとはファストフード以外に無いと言い切れるかもしれません。
もちろん、マクドナルドからケンタッキー、バーガーキング、ジャックインザボックス、タコベルなどファストフードのチェーンは無数にありますが、やはりここはアメリカならではの個性を感じる店をピックアップ。
Grand Central Market
317 S. Broadway,
ロサンゼルスでもとことんB級グルメにこだわりたい人にお薦めの場所。マーケットの名前が示すとおり、ここはメキシコの食料品や飲食店が集まっている場所で、アメリカナイズされたメキシコ料理とは違う、現地そのままの料理が楽しめる。マーケットの中には酒屋もあって、いろんな種類のテキーラが買えるのも楽しい。
お薦めは中でもひときわ人がたかっている「Tacos Tumbras a Tomas」と名がついているタコス屋台で、やわらかいタコスの上に焼いた肉がどっさりと盛られ、これで十分腹一杯になってたったの2ドルだ。メニューは牛肉のカルネ・アサーダか、豚肉のパストールが日本人には馴染みやすい。注文の際にシラントロ(香菜)やサルサの有無を聞かれる。辛いものが好きならハラペーニョ(無料)ももらおう。
Fatburger
http://www.fatburger.net/
3026 S.Figueroa St.
Fatの名が表すとおり、巨大なハンバーガーが売りの店。標準のFatburgerで150g、Kingburgerだと225gのパティサイズ、しかもKingburgerのダブル(450g!)まで存在すると言う恐ろしさ。しかしただサイズがでかいだけでなく、冷凍のパティを使わないという店のこだわりがあり、カリッと焼かれながらも肉の旨みを十分感じるハンバーガーだ。付け合せのオニオンフライも紙皿にてんこ盛りで出されるぞ。
Tito's Tacos
11222 Washington Place Culver City
http://www.titostacos.com/
私の知る限りでは、世界最強(凶)のジャンクフードスポットである。凶暴としか形容の仕様が無い、ミートソースとチーズがぎっちり詰まった寿司の太巻きサイズのブリトー、マグカップサイズのサルサ、それらが入った紙箱のスペースを敷き詰めるナチョスの海にただただ圧倒されるのみ。ここに集結する大勢の客の体型にも圧倒されるぞ(笑)。
Tommy's
2575 Beverly Blvd
http://www.originaltommys.com/
モスバーガー誕生のヒントになったと言われる元祖チリバーガーの店。値段が安いのはもちろんだが、紙から溢れ出すチリソースがジャンクでうまい。いつの間にか随分店の数が増えた。
Pink's
709 N La Brea Ave
http://www.pinkshollywood.com/
こちらはチリドッグで有名な店。ホットドッグにたっぷりかけられるチリソースはかなり豆の味が前面に出たタイプ。ソーセージ自体はまあ普通の味で、個人的にはハンバーガーのほうが断然絶品でお薦め。店内に飾られたたくさんのスターの写真を眺めてみるのも一興だ。
スポンサードリンク