昨日の日曜日に千里公民館で久々に行われた、南インド料理を作って食べる会関西編、いわゆる「関西グルジリ」に参加してきました。
今回も家族で調理から参加していたのですが、さすがに手馴れた方々が集結していただけあって、一部の荷物が宅配便のトラブルで届かなかったアクシデントはあったものの、80人分の料理を作っているとは思えないほど終始スムーズに作業が運びました。時間がかかるプーリが無かったせいもあるかな?
料理も、スジと呼ばれるセモリナ粉の代わりに米を粉砕して作ったウップマと呼ばれるおかずもモチモチしていて一味違った楽しさがあり、KALUTARAマスターのじゃがいもの炒め物やHaggie氏渾身のダルやラッサム(カレーの一種)も絶品でした。
ただ残念だったのは、月曜日も神戸でグルジリが行われるとあっていろいろとあわただしく(なんと昨日は名古屋!)、主宰のN-jiri御大を始め、各メンバーとゆっくり話が出来なかった事ですね。神戸のほうにも行ければ良かったのですが・・・またそれはHaggieジリもとい、グルハギに期待か(笑)。
この日食べたメニューについては、K1郎さんのBlogをご覧になってください。
スポンサードリンク