ポミエはあのあさちゃんと並んで(笑)日本橋フリークには既に名を知られた店なのですが、実際に訪れてみてその実力が本物だと再認識しました。
ここの良いところは、何を食べても外れが無くて満腹になるところですよね。一応店の体裁は喫茶店なのですが、本職の定食屋や洋食店でも、ここほど料理の平均レベルが高いところも珍しいです。
東京の秋葉原なんかもそうなんですが、電気街近辺の飯屋ってのはそこに来る客にとっては必然的に選ばざるを得ないためか、世間での評判ほどの内容じゃなかったりする事が多いのですが(最近魔法のレストランに出た某カツ丼屋とかね)、その点を抜きにしても優れた店なのは確かだと思います。
そしてグリルうえの。
まあ、店構えも味も垢抜けない、でもボリュームたっぷりで手作りで安いという点で、よく昼飯でお世話になった、今は無き北浜の「漁火」を髣髴とさせ、大変懐かしい気分に浸る事が出来た店です。
特に、薄茶色でデミグラスソースと言うよりは塩味のグレービーといった感じのソースがそっくりで、もしかすると兄弟店とか修行先が同じだったりするのかと思ったぐらいです。
店は老夫婦と娘さんと思われる若い女性できりもりされていますが、早く後継者を見つけられて、末永く営業を続けてもらいたいところですよね。
でも、表にある蝋細工のサンプルが、実際の料理よりもはるかに少ないボリュームになってしまっているのは何とかしたほうがいいんじゃないかと思うのですが(笑)。
スポンサードリンク