さて、予告どおり今回は「天草大王地鶏めし」(1000円)を食してみました。
普段、滅多にランチに1000円も出す事が無い人間にとって、催事とは言えこの値段を出す事には相当勇気が要りました(笑)。でも一度食べてみたかったんですよね。
蓋を開けてみると、細長い容器にダシで炊いたご飯が敷き詰められ、その上に胸肉を蒸して胡椒をまぶしたもの、ゴボウと甘辛く煮た鶏そぼろに、だし巻やニンジン、しいたけ、菜の花のおひたしなどが載せられています。
そして期待の味のほうはと言うと・・・これが意外にも普通の味でした。いや、鶏肉の味自体はおいしいとは思うんですが、ご飯も含めた全体の味付けが想像の範囲内と言うか、この駅弁でなくては!という力強さに欠けているような気がします。
結構ご飯の量が多くてお腹がふくれたので、それほど不満は感じなかったんですがね・・・やはり折尾のかしわめしのように、長年ベストセラーとなる駅弁にはそれなりの理由があるんだなと再認識させられました。
スポンサードリンク