久々に、中華カツ丼食いたい病を発症してしまったので、キャマラードさんの情報で記憶していた、老松通りの西の端にある中華料理店「どんどこ」に行ってきました。
客のほとんどが日替わりサービスメニューの味噌チャンポン+チャーハンを頼んでいたのでちょっと心が動きましたが、ここは初志貫徹で中華カツ丼を。
カツ丼の餡は醤油色で溶き卵が入っており、ビジュアル的にはばっちりストライクです。食べてみると期待通りの甘辛味で、豚肉も意外に質が悪くないのがいいですね。ただ、700円と言う値段の割にボリュームがもう一つなのと、ご飯がパサついていたのがマイナス点かな。
店内にはカツカレー中華丼どいうメニューもあって激しく興味を抱いたのですが、値段が850円とさらに高いので、頼む勇気はちょっと起きそうに無いですね(笑)。
スポンサードリンク