今まで紹介してきた中では、こちらは最も入手までのハードルが高いさいぼしですね。
まず、店頭売りが無くて完全受注生産なので2~3日前までの予約が必須、しかも店が開いているのが平日土曜の午前中のみ、そしてその営業時間中に店まで品物を取りに行かなければいけません。
と言う訳で、今回はせっかくなのでいつもは安いカッパ肉にしているところをバラ肉で奮発。それでも値段は500gで2200円強と、ネット通販で買うよりはるかに安く手に入れられました。このへんは製造元の強みですね。
その塚本商店のさいぼしですが、まず手にとって臭いをかいでみると、意外にもあの慣れ親しんだベーコンそっくりの香りがします。
一瞬、味も市販のベーコンみたいだったらどうしようかと動揺しましたが(笑)、幸いそれは全くの杞憂に過ぎませんでした。
脂と赤身が半々になった霜降り状態のさいぼしを一切れ切って口に含むと、不思議な事にさっきまでのベーコンの香りがスッと消えうせ、馬肉の凝縮された旨みと脂の濃厚な味が口一杯に広がります。うん、これは文句無しにうまいです。
西野食品センターのものに比べるとこちらは香りにクセが無く、安心して万人に薦められるさいぼしですね。例えるなら、剛の西野食品センターに対して柔の塚本商店というところでしょうか。
さいぼしの注文は500gから可能ですが、仕入れや製造の都合上、あまり小さなロットだと指定日に提供出来ない事があるそうなので、事前に店に確認してください。
塚本商店
住所:大阪府羽曳野市向野2-16-21
電話:072-955-8871

[map:大阪府羽曳野市向野2-16-21]


スポンサードリンク