今回はいつも通りの間隔での更新です。
まず、地下鉄門真南駅から北東へ10分ほど歩いたところにあるロードサイドのうどん店「三ツ島更科」です。
カレーうどんの絵がデカデカと看板に書いてあるように、とうていうどんそのものの質で勝負しているようには見えない店なのですが、食べてビックリ超本格派のさぬきうどんがいただけるのです。
特に、麺のエッジの立ち方やねじれはまず大阪では見られないレベルのもので、こんなおちょけたBlogを書いている人が打っているとは思えません。つーか、ここまで熱心にブログ更新するなら公式サイトぐらい作れよと思ったり(笑)。
しかも、ぶっかけはもちろんの事、香川スタイルの冷たいイリコ出汁で食べる「ひやかけ」まであるのには驚いてしまいます。もちろん、ダシにうるさい関西で出すだけあってエグ味など一切無し!
ちくわ天や鶏天、とんかつなどのサイドメニューもうまく、値段はちょっと高めですが、何を食べても満足出来る店ですね。
そして京橋の立ち飲み銀座の最深部に位置する「山CHAN」。
ネットの情報では近くの超人気立ち飲み屋台である「とよ」で働いていた方が独立して持たれた店だそうで、とよゆずりのインドマグロやカツオの刺身、岩ガキなど海鮮類が安くてうまいです。
また、ここは一品のボリュームが多いのも特徴で、一人で飲んでいたら3~4品も頼むと結構腹一杯になってしまいます。
店は限りなく吹きさらし状態で、テントとビニールカバーでスペースを確保しているような状態ですが、ロケーションの不利をコストパフォーマンスで補おうと言う姿勢が嬉しいです。
しっかり常連もついているようですし、この超激戦区で末永く頑張ってもらいたいですね。
大阪・関西のB級グルメガイド
スポンサードリンク