この日は勇んでどこかにランチ遠征に出ようと外に出たとたん、意外な寒さで一気に気持ちがなえてしまい(笑)、服を取りに混んだエレベーターに再び乗る気が起こらなかったので、久々にこちらへお邪魔。

この店は私のサイトにも早い時期から載せている割りに、その後もブログ等ではほとんど記事を見かけないマイナーなお店ながら、ランチタイムはいつも人で埋まってます。
人気の秘訣(?)は何と言っても、あらかじめ店のお母さんに「ご飯少な目」とか「小さい丼で」と言っておかないと、とんでもない大盛りで出されるご飯。当然、私は少なめでお願いしたのですが、それでも最後は苦しかった・・・
今回のおかずはから揚げで。てんこ盛りご飯の前では影が薄いですが(笑)、しょうが醤油の下味が利いたから揚げは、1個が子供の拳ぐらいはある大きさのものが5つ積まれており、こちらもかなりのボリューム感。
手作りの漬物や味噌汁もおいしく、後で苦しくなると分かっていても、ここではついついご飯を食べ過ぎてしまうんですよねえ・・・
何も知らずに入った人が巨大なご飯に仰天して減らしてくれと頼まれたときに、お母さんがご飯を少しずつ減らしては客に確認する姿が、まるで育ち盛りの子供の小食を心配する母親のようで、いつ来てもほほえましく暖かい気持ちにさせてくれるお店です。
串処 志み津
大阪府大阪市中央区安土町1丁目4-5
06-6271-3970
スポンサードリンク