その揚子江ののれんわけとして、天満駅前に店を開いているのがこのお店。

店はうなぎでもこれだけ狭いのは迷惑だろうと言う位極端に細長く、人のすれ違いが不可能なのはもちろん、トイレが厨房の奥まで行かないといけないぐらいです(笑)。
ラーメンは本家揚子江と同じさっぱり透明な塩味ラーメンですが、こちらにはパーコーやから揚げがついた定食や天津飯などの一品ものも充実しています。
具のチャーシュー・もやし・春菊、そしてテーブル上の揚げネギはもちろんですが、個人的には八角が利いたパーコーをスープに入れて味の変化を楽しむのがお気に入りです。
珍しくイカや玉ねぎが入ったチャーハンも、軽い焦げ目の香ばしさと玉ねぎの甘味が効いていて庶民的な旨さです。
最近の大阪のラーメンは味の構成的に凝ったものが多いせいか、昔と変わらぬシンプルなスープのこのお店は年配の方が目立ちますね。
天満エリアも流行のラーメンや資本系の店がどんどん進出しており、昔の味が無くなりつつありますが、こういう店がしっかり残っていてくれると嬉しいですね。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

揚子江ラーメン 天味 (中華麺(その他) / 天満、扇町、中崎町)
★★☆☆☆ 2.5


スポンサードリンク