いろんなラーメン好きのブログで、熱い話題となっていた金久右衛門@深江橋の「なにわブラック」を、ようやく食べに行く事ができました。

今までの大阪ブラックとは違い、カキとアサリの煮干を使い、タレをゼラチンで固めてスープに沈め、それを溶きながら楽しむという変わったスタイルです。
なので、写真のように料理が出されたときは薄い色なのですが、タレが溶けると御馴染みの黒い色に染まるという寸法です。
と書くと、凄く良いアイデアのように聞こえるかもしれませんが、ぶっちゃけタレが溶ける前のスープをすすっても味が薄い・・・つーわけで、わたしゃすぐにタレを良くかき混ぜましたとさ(笑)。
肝心の味のほうですが、貝の煮干によって大阪ブラックよりも一層の旨みを感じますが、その代わりかなり貝のクセと言うか、潮の香りが前面に出てきてしまっているので、そういうのが苦手な人にはきついかもしれません。
ラーメンオタクではない単なるB級グルメ好きの観点としては、これなら値段が安い大阪ブラックのほうがいいかなあ・・・なにわゴールドのほうを食べてみるとまた印象が違うのかもしれませんが。
ただ、どこでもそんなに変わり映えがしない醤油ラーメンに、目新しさを取り入れたという点ではとても価値があるとは思いますね。

金久右衛門 (ラーメン / 深江橋、高井田中央、高井田)
★★★★ 4.0


スポンサードリンク