今週末は、恒例の摩耶山リュックサックマーケットが行われますね。
私も気候が良い時期なので出店するつもりでいたのですが、何と今週末は東京への出張が入ってしまいました(涙)。前日の深夜に帰ってきたのではさすがに仕込みが出来ないので、今回は泣く泣く断念です・・・

さて、そんな話は置いといて恒例の本サイト更新です。
回転寿司という業態は、相当スケールメリットを持った企業でないと今時は厳しいのではないかと思っているのですが、ここのような店はどうやって生き残っているのだろうかと嬉しくも不思議に思ってしまいます。
私が最初にここを訪れたのはかれこれ5年は前の事ですが、こんな小さな商店街の中で、昔とほとんど変わらず同じように営業しているのは、栄枯盛衰が激しい回転寿司業界では稀有な存在であるように思います。
ここの売りはまずマグロで、筋のないトロが2貫315円という値段で食べられるのが凄いと言うしかありません。
鉄火巻きも、最近の大手チェーンだと直径の4/3がシャリってのが当たり前になってる感じですが、ここは直径の半分以上をマグロが占めている太っ腹ぶりで嬉しい限り。
そしてここはマグロだけでなく、ハマチやサーモンも脂が載っていておいしいんですよね~。他にもボタン海老や生タコといった珍しい品も豊富で飽きません。
江戸前よりも食べ応えがある大阪寿司がメニューにあるのも、食べ盛りの子供を持つ親にとっては有り難いポイント(笑)。
シャリやネタのボリュームは、さすがに昨今のチェーン並みになってしまいましたが、それでも職人さんが1個1個握ってのこの値段は立派と言うしかありませんね!
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

回転寿司一心 (寿司 / 大和田、萱島)
★★★★ 4.0


スポンサードリンク