そういや、今日はミシュラン2009・京都・大阪版の発表日だったんですね。
東京と同じように、私にとってはまるで縁の無い店ばかり・・・と思っていたら、ウチのサイトにも掲載している「ながほり」が一つ星を取ったようで、ようやくここもミシュランとのつながりが出来たと狂喜しております(嘘)。
さてそんな事はサクッと忘れて、先日古川橋のあたりをウロウロしていたら、太陽軒らあめんの店先に、18時からの夜営業のみ期間限定で「男系ラーメン」が提供されるという看板を見つけてしまいました。
看板を良く見ると、堂々と「JIRO INSPIRE」と書かれているではないですか! つーか、本場である東京を含めて、今までわざわざインスパイアと明記している店を見た事が無いんですが(笑)。
つーわけで、二郎好きとしては行かないわけには行かず、日を改めて男系ラーメンをいただきに上がりました。
男系ラーメンのメニューは3つで、麺量300g+豚50gのノーマルが800円で、豚が150gになった小豚が950円、豚300gの大豚が1200円とかなりのお値段・・・これが普通のラーメンなら、迷わず一番安いものにしたところですが、二郎系という言葉に惑わされてつい小豚を注文(笑)。

出てきたラーメンは、上の通り。オリジナリティのつもりなのか、何故か花鰹がかかっています。
野菜や麺の盛りの具合は二郎標準という感じですが、豚は二郎の豚というよりは単なる煮豚であまり味が染みてなく、スープはノーマルラーメンと同じような豚骨白濁スープで、丼が麺に支配されてスープの量が少ないうえに、二郎のレベルからするとかなりの薄味なので、味にメリハリが付けられずに食べ切るのに苦労しました・・・せめてラーメンダレでも置いてあれば良かったのですが。
麺は不ぞろいな自家製麺なのはいいのですが、腰が無くて柔らかい上に麺がブツ切れになっているので、スープに麺が溶け出してしまい、最後はほうとうを食べているような感じになってしまいました。
ボリューム的には二郎の中でも量が多いとされる店並のものがありましたが、クォリティ的には本家の完成度には遠く及びませんでしたねえ・・・
個人的にはもう食べる事が無いとは思いますが、これから行かれる方がいるのであれば、少なくとも味は濃い目、麺は固めで注文するのは必須でしょうなあ。
追記>その後の訪問でレベルアップを確認しました!今はかなりお薦めです!!
スポンサードリンク