この日は、天六にある別の店に行くつもりだったのですが、たまたま偶然にこの店の前を通ってしまい、「肉ニラ炒め・鶏のから揚げ」という日替わりメニューの強烈な引力に完敗してしまいました(笑)。

それ以外にも、もう一つ大きな理由として、昼時なのにこの店にしては珍しく行列が出来てなかった事が大きかったんですよね。
ここは中華のランチタイムにありがちな料理の作り置きというものを一切やらず、席もカウンター9席のみなのであまり店の回転が良くなく、5人ぐらいの行列が出来ていると、行き帰りの時間を含めると確実に会社の昼休みをオーバーしてしまうんですよ。
そのおかげで、料理は常に出来たてピチピチのアツアツ。鶏のから揚げなんかは、油から上げてからわずか3秒で目の前に来るスピードで、これ以上のアツアツなから揚げを食べようと思ったら、油から直接箸で口まで持っていくしかありません。
「熱いから気をつけてくださいね~」という忠告を毎回受けるのですが、今まで上あごの皮をめくらなかった事がありません(笑)。そりゃフーフーしながら少しずつ齧れば火傷はしないんでしょうが、そんなにビビって大人しく食べないといけないぐらいなら、そもそもここに来る意味がありませんし!(力説)
から揚げとペアで盛られた肉ニラ炒めも、下味を付けて揚げた豚肉と味噌の風味を感じるタレがマッチしていて実に旨いです。
スープのお代わりの提案ももらいましたが、これで十分おなかいっぱい。いつもいつも、大満足なランチをありがとうございました!

スポンサードリンク