門真の古川橋にある太陽軒らあめんで夜のみ提供されている二郎インスパイア「男系ラーメン」が、12月中旬で終了と言う話を聞いていたので、食べ収めのつもりで行って来ました。

前回に訪れたときには、スープと麺はもう文句なし、あとは豚だけかなと思ったのですが、その豚がさらに進化していて目を見張らされました!
写真ではその差が分かりにくいですが、前回の豚はバラ肉の脂身と赤身がまだ一体化している状態で、酢豚の豚のように歯ごたえがある感じだったのですが、今回は脂身と赤身が分離される一歩手前まで煮込まれ、脂身はフルフルと、赤身はホロホロとほぐれ、二郎らしい豚の食感が再現できていましたよ♪
これで1個1個の豚の大きさがもっと大きいと嬉しいのですが、コストとオペレーションの関係上、二郎系一本でやるぐらいでないと難しいでしょうからね。
とにかく、これで二郎系としてはほぼ満足の行くものになったのではないかと思います。場所と時間の問題からか、まだ巷であまり話題になってないのが残念ですが、このレベルのラーメンを出していると必ずブレイクする時は来るはずですから、何とか来年も提供を続けて行ってもらいたいものです。

太陽軒らあめん (ラーメン / 古川橋)
★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク