例の野菜宅配業者から、最近は白菜が大量に送られて来ていて、またキムチでも作ろうかと思ったのですが、冷凍庫から何故かアミの塩辛が消えている事に気付き、どうしたもんかと思案しています。
いや、アミの塩辛なら「はまや食品」で1kg100円ぐらいで売っているのは知ってるんですが、いくら安くても1kgはとても使い切れないです・・・貧乏性なのでまだ食えるものは捨てられないし、冷凍庫に置いておくだけでも相当なスペースになりますしね。
どなたか、アミの塩辛を2/3ぐらいもらってくれませんかね?<真面目なお願い
さて、大阪ベストB級グルメ2009第2回目は、立ち飲み・和食・とんかつ編です。
立ち飲み:「大阪城」@守口
世の中デフレと不景気で、あちこちで雨後の筍のごとく立ち飲み店がオープンしている昨今ですが、薄利多売がベースの商売なだけに明確な差別化がなかなかしづらいジャンルでもあります。
そんな中でこの店は、家族経営・手作りという武器でもって、ボリュームと値段と言う相反する要素を両立してしまっている、まさに稀有な存在。お酒も安いし、品数も豊富、店を取り仕切るご夫婦は多忙でありながらいつもフレンドリー。まさに「客を向いた商売」という言葉がピッタリ来る名店でしょう。
他にも「とり坊」@天満「山長」@大阪駅前第2ビルなど、今年も良い店にたくさんめぐり合いました。
和食・寿司・うどん:「讃岐屋雅次郎」@八尾
「大阪うどん ふくろう」@堺筋本町のダシの旨さとオノロケ夫婦漫才も魅力的ですが(笑)、麺・ダシを含めたトータルでのクォリティ、完成度、定食物のコストパフォーマンスで今年はここが一番でしょう。
新規掲載ではないので候補には入りませんでしたが、おなじうどん店である「三ツ島真打」@門真南の、改装後の安定感は素晴らしいものがありますね。
とんかつ・天ぷら:「ほだか」@京阪大和田
大和田駅前の雑居ビルの奥という地味なロケーションで、それほどお客さんが詰め掛けているわけでもない感じですが、それでもレベルの高いとんかつを出しておられる姿勢には感服させられます。
夜は少々高めですが、ランチの値段はクォリティを考えれば非常にお得。とんかつじゃないですが同じビルにある回転寿司の「一心」もお薦め。
スポンサードリンク