銀慈狼@堺東、太陽軒@門真と二郎系を出す店が大阪にもぽつぽつ出始めましたが、常時二郎系ラーメンを出す店としてはここが最初になりますね。

場所は阪急京都線南方駅の南側線路沿いに位置し、店内はカウンター10席程度のキャパシティになっています。
メニューは大きく分けてラーメンと味噌ラーメン、そしてつけ麺の3種類、そこに大盛りなどのオプションが加わります。値段は200gのノーマルラーメンが650円、300gの大盛りで750円となってます。
野菜やアブラ、ニンニクの増しや増し増し、カラメは無料で、増し増しになると野菜の決壊に備えて別の丼が同時に出され、麺屋団長の男盛を筆頭として、妙に増量に対してセコい関西流とは一線を画したシステムになっています。
写真は野菜の「増し」ですが、これでも「ラーメン荘夢を語れ」@一乗寺や「地球規模で考えろ」@伏見の野菜増しよりも野菜の盛りがずっと多いです。
豚はサイズ小さめで脂身はあまり付いてませんが、ホロホロと崩れるぐらいまで煮込まれており、味の染み方も適度で悪くありません。麺は本家二郎よりも細身ですが、ブリッとした食感でなかなかいけてます。
スープにはほとんど油が浮いておらず、乳化も無い非常にライトなタイプでコクもそこそこなので、味のインパクトは銀慈狼や太陽軒に比べると劣りますが、一般受けするような上手いまとまりになっているとは思いますね。
大阪市内に初めて登場した二郎系ラーメンが、今後どれだけ地元民に受け入れられるか注目ですな!
後日食べたつけ麺のレポートはこちら
笑福 西中島店
住所 大阪府大阪市淀川区西中島1-13-15 三信南方ビルII
電話 0859-22-4701
営業時間 11:30-14:30 18:00-23:00
定休日 日曜祝日

ラーメンつけ麺 笑福 大阪西中島店 (ラーメン / 南方、西中島南方、新大阪)
★★★☆☆ 3.5


[map:大阪府大阪市淀川区西中島1-13-15]


スポンサードリンク