しかし最近カレーをあまり作ってないですねえ・・・ここのところの寒さで家族に風邪が流行っていて、それが自分にも移ったりでスパイス系の料理を作る気分になかなかなれないというのが実情なんですが・・・
で、家族が皆食べられて精がつく料理となると中華系が増えてしまうというスパイラル(笑)。

そんなわけで、まずは茄子と豚コマが余っていたので魚香茄子。麻婆豆腐はひき肉で作りますが、茄子のほうはひき肉だとうまく茄子と絡まないので、個人的には細切れ肉派です。
これはマーボなすとも呼ばれている料理で、魚香とは本来は魚と唐辛子を発酵させた四川の調味料を使う事から付けられた料理名ですが、今は料理の仕上げに少量の酢を加える事でその代用としているみたいですね。

そしてキャベツと豚バラ肉を使った回鍋肉。
これも本来のレシピでは、豚肉を茹でてから薄切りにしたもの(肉を鍋に再び戻すから「回鍋」なんですな)を使い、キャベツじゃなくて葉ニンニクを使う料理だそうですが、麻婆豆腐の場合と同様に、あの陳建民氏が日本向けにキャベツを使ったのが広まったらしいですね。
家では油通しが大変なので、野菜は湯通しに。そのほうがヘルシーではありますが、出来上がりのおいしそうなツヤという点ではやっぱり油通しした調理法にはかないませんな。
味付けには豆鼓醤とタイの甘醤油、シーユーダムを使いました。この料理にはテンメンジャンが通常使われているようですが、テンメンジャンは味が重くなるのであまり自分用の料理では使わないですね。
一度、本式に酒醸を使って作ってみたいのですが、この料理以外に使い道が見つからないし、市販されてるのは業務用の巨大な缶しか無いのでとても無理ですねえ・・・甘酒で代用できるんだろうか?
スポンサードリンク