かつて文字通りの隠れた名店としてラーメン好きの間でもてはやされた、宗右衛門町にあったラーメン店「作ノ作」が、なんと千日前商店街と言う超一等地に移転オープンしてました。

千日前と言えば、金龍と神座という大阪ラーメン界の重鎮(?)が並んである事で知られていましたが、さらに黒潮ラーメン寳やこの店が出来て、いつの間にかラーメン屋が集中する場所になってしまいましたね。
この日は、たまたま難波に用事があり、でも二日酔い気味でいまいち食べたいものが思いつかなかったので、久々に金龍で食べてみようかなと思いながらこのあたりを通っていた時に、そういや作ノ作が出来てたなと思い出して行ってみたというわけです。
しかし久~しぶりに食べた作ノ作のラーメンは、こんなもんだったかな?という印象。
ちょっと塩気が足りない感じなのは昔食べたときにも思った事ですが(笑)、自分の記憶ではスープにもっと油膜が張っていたような覚えがあるんですが。一般向けなライト方向にシフトしたんでしょうか?
でも過当競争というか供給過剰気味なのか、昼時だったにも関わらず店内はガラガラ・・・大盛り無料とかライス無料といったサービスをやっているようですが、京都風のあまり味が付いてない薄切りチャーシューとネギだけの具を見ても、今の時代ならもうちょっとインパクトや話題性が無いと、ちょっと厳しいんじゃないでしょうかねえ・・・
と言いつつ夜になったら満席だったりしてね(笑)。どうもご馳走様。

スポンサードリンク