今回はマイナー2連発(笑)。あのカシミールを中心に、今や大阪でも屈指のカレー地帯となった北浜~堺筋本町エリアに、またも新しくカレー店がオープンしてました。

場所は、平野町にある鍋料理屋「鉄板鍋づくし」の2Fで、南国風にゆるい雰囲気で書かれた「アカマルカレー」という看板が目印です。
一応、内装はカフェバーっぽくてアルコールも置いているようなのですが、たまたまなのか夜に営業しているところをあまり見たことが無いので、バーから業態変更をしたのかもしれませんね。
カレーは今流行の独自スパイス系ではなくて、オーソドックスな洋食タイプ。ビーフキーマと銘打たれてますが、ひき肉じゃなくてカレーソースの中にほぐれた肉が細かく入っている感じ。
ルーは炒めた玉ねぎの自然な甘味とドミグラスソースっぽい軽い苦味、ビーフのコクがベースで、酸味や辛味といった強いメリハリ付けはされておらず、万人受けする癖のないおいしさですな。
辛味アップオプションとか漬物のバリエーションはありませんが、和風タンドリーチキンやソーセージ、ベーコンといったトッピングは値段の割りにボリュームがあって食べ応えがあります。ベースの値段が500円と安いので、いろいろ気軽にトッピングを楽しめるのがいいですよね。
店はイケメンお兄ちゃんが一人で頑張っているようですが、このカレー激戦区を勝ち抜けるよう応援したいですね。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

アカマルカレー (カレーライス / 北浜、堺筋本町、天満橋)
★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク