時の移ろいは早いもので、ついこの間まで大阪にも二郎系が欲しいなあと思っていたのに、笑福は西本町に2店目を出すわ、近大前に直系の流れを汲む店が出来るわでビックリですわ。

その近大前に出来たほうが、マッチョといういかにもな店名の店で、東京の二郎で7年ほど修行されていたらしく、直系っぽくメニューはラーメン一本のみで、あとは発泡酒などのドリンクがあるだけのシンプルさです。
サイズは並・中・大とあり、並は200g、中が300gで、大の麺量は不明ですが、大を頼んでいた方の丼を見ると、かなり巨大だったので400g以上ある事は確実だと思います。
店の表にある製麺室で作られた麺は、二郎標準のオーションという小麦粉を使用していますが、本家に比べるとやや加水率が高めの細身の麺で、ゴワッというよりはブリッとした印象ですね。
野菜はほとんどがキャベツで、大ぶりに切られたものがクタクタになるまで茹でられていて、野菜マシにしなくてもかなりの量が入っています。個人的には、もうちょっとシャッキリ茹でている方が好きかな~。
豚はノーマルで大ぶりの塊が2個で食べ応えがあります。歯ごたえは固めで、こっちは野菜とは逆にもっとトロトロになって欲しいところ。
スープはかなり多めの液体油が浮いていますが、塩気は東京よりも抑えられており、若干の酸味を感じます。私が食べたときはスープのコクはいまいちでしたが、ネットでは逆に評判がいいので、出来がブレた時に当たってしまったんでしょうね。
直系ゆかりという事で期待が大きすぎた部分もあるでしょうが、これならまだ門真の太陽軒のほうが豚を除けば二郎らしいワイルドさがあるかなあ・・・
とにかく、この日の出来だけで評価を決めるとあんまり良くはならないので(笑)、当たりの日の評価もしてから本サイトに載せようと思います。てか次は当たってくれないと困る。

スポンサードリンク