西成・あいりん地区と言えば、朝からそこらじゅうで皆が酒をくらっている地域としてつとに知られていますが、その中でもここは純粋に飯を食わせる店として人気を博しているという、珍しい存在です。

席数はたったの6席ですが、全て1つの椅子に1つのテーブルが置かれ、店の奥に向かって同じ方向を向いているという、まるで飛行機のようなレイアウトなのには笑ってしまいます。こういう他人との関わりを排したレイアウトってのはあいりんならではですなあ・・・

カツ丼・天丼・親子丼などほとんどの丼物が300円と言う値段でありながら、ご飯も具もたっぷりで労働者の皆さんであっても腹がいっぱいになるボリュームなのですから驚かされます。
これだけで腹いっぱいになってしまうせいか、店には一応缶ビールが置いてあったりするのですが、今までそれを頼んでいる人を見たことがありません(笑)。
きつねや天ぷらといったうどんも、でかい鉢にアツアツの麺とダシ、豪華な具が入ってこちらも200円という値段。カレーも業務用ベースながら、コーヒーかチョコが入っているようなコクを感じて、オフィス街なら550円ぐらいで出されていてもおかしくないクォリティですよ。
昨年末に出来たばかりなのに、もう結構な人気で昼時は満席だったりする事もあるのを見ても、やはりこの界隈でもCPはかなりのレベルにある事が実証されてますよね(^^。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

ごはん屋ほまれ (うどん / 今池、萩ノ茶屋、動物園前)
★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク