GW飲み食いネタのお次は、とあるイベントの下見で京都に行った時に寄ったお店です。

嫁さんも参考にしたいという事で家族総出の京都行きになったので、自家用車で4月に開通した第二京阪の下道、つまり国道1号バイパスを通って行ったのですが、家からだいたい1時間半で目的地に付く事が出来、以前は枚方あたりで必ず渋滞に嵌って、京都まで軽く2時間はかかっていた事を考えるとはるかに便利になりましたねえ。
でも、まだこの道はおそらくカーナビには出ていないはずなので、皆に知られてしまうとどうなるかは分かりませんけどね(笑)。
そして、所要を済ませてさてお昼をどうしようか、という話になったのですが、京都を良く訪れている人なら分かると思いますが、京都の街中って本当に車を止められるところって少ないんですよね~(涙)。
私は京都で子供時代を育った人間ですが、その当時の家に自家用車なんてものは無かったし、そもそもそんな物を持っている人自体が町内にはほとんどいませんでしたよ。
京都の街がコンパクトなので、昔から別にそれで不便を感じた事はありませんし、京都の観光保全と言う意味でもマイカー族にとって便利な場所にはしないほうがいいとは思うんですけどね。
しかし今の自分にとってはまたそれは別の話で(笑)、ひとまず街中を抜けて駐車場付きの良さそうな店が無いかと目を凝らしていたら、店の上にでかでかとうどん鉢のオブジェが載せてある店に気付きました。それが「やまびこ」さんです。
店の前には駐車スペースは無かったですが、扉には駐車場の場所が示してあり、庶民的そうな手打ちうどんの店だったのでそこで食べる事にしました。
メニューを見ると、かけうどんが280円から、鍋焼きうどんが550円、味噌煮込みが600円とその安さにビックリ。ちゃんと座敷もあって手打ちなのに、ほとんど立ち食いうどんの値段ですよね。京都の街中なら、この倍は取られてもおかしくないですよね。
この日は暑かったので煮込み系じゃなくて天ぷらうどんにしましたが、麺はタピオカっぽいけどモチモチとした細身で、ダシはちゃんと真面目に作られていておいしかったです。エビ天も立派なサイズで、これで450円なら十二分ですよね! 嫁さんの牛スジうどんは、ピリ辛に煮込まれたスジが入っていて、これもコッテリした風味で良かったですよ。
よほど場所とタイミングが合わなければ、私にとっては再訪が難しいロケーションだとは思いますが、今度は是非味噌煮込みや鍋焼きが食べてみたいですね!

スポンサードリンク