安治川口にあった麺屋団長が寺田町に移転し、そこでもブログで評判になっている「麺屋わっしょい」に、いわゆる「汁なし」「合え麺」とジャンルされるメニューが出来たと聞いて、一度行ってみることにしました。

メニューは、以前からの「男の黒醤油ラーメン」に加えて、夜のみの「つけ麺」、そして「男のまぜ麺」という3種類があるようです。
まぜ麺のほうは、ラーメンのような男盛や祭盛といったオプションはありませんが、麺量が100gから400gまで同額で頼めるようですね。ぱっと写真を見たところでは、野菜がほとんど無いようなので300gで今回は行ってみました。
そのまぜ麺には、具として味玉が1個とメンマ、青しそ、豚バラ肉が載っていますが、やはり野菜が無いとビジュアル的に寂しいですね・・・もっとも、どぎゃんさんの例を見ても多すぎる野菜は味を壊すので、程度問題ではありますが。
味は、ニンニクを漬け込んだ醤油が勝った塩辛い味付けで、ビールやご飯が良く合いそうですな。ただ、味が濃い上に単調なので、麺が400gとかだと肉を大盛りにしないとつらそうです。
その肉は、ノーマルでは豚バラの薄切りが2~3枚だけなので、いくら麺が400gまで食べられるとは言え、これで780円はコストパフォーマンス的にはいまいちな感じ。つーか、100gで頼んだら損もいいところですな(苦笑)。
ラーメンの大盛りオプションは以前より安くなったとは言え、全祭盛で800円も取られたりしますし、近大前のマッチョなら麺400g以上+塊の豚+野菜マシマシで800円と、わっしょいのオプション分と同額で死ぬほど食えますよ。
B級グルメを愛する人間としては、たくさん食べる人にサービスする店にはつい好感を持ってしまうのですが、この系列店のシステムは全く逆ですからねえ・・・
このままでは、今後大阪にも増えてくると予想される二郎系のコストパフォーマンスに対抗していくのは厳しいような気がしますが・・・はてさて。

スポンサードリンク