この週末は、嫁さんと子供が田舎に蛍を見に行くとの事で、私は自治会の出席もあってお留守番。となると、こういう滅多にないチャンスにはあそこに行くしかないでしょう!

と言うわけで、まずは「酒のもりた」さんで、レアメニューであるテールスープをいただきます。
スープの中には、ぜんまいやニンジン、トロトロになったテールが入っており、スープに浮かべられた青じそが味を引き締めていて絶品。ちょっと調味料の存在を感じたのが残念ですが、これだけたっぷりの量で600円という価格で出すには仕方ないですよね。

活けのアジの刺身も全く臭みが無く、もりたさんのメニューにはやっぱり外れがないですなあ。
お次は、あいりんでこの店は外せないでしょう、「難波屋」。

Mixiにも単独でコミュニティがあり、最近はライブスペースとしても定着し、今や飲み屋からカルチャースポットへと変貌しつつあるこの店ですが、大きな豆腐半丁とたっぷりの肉が入ったこの肉豆腐がたったの200円と言う破壊的なコストパフォーマンスぶりは健在です。飲み物は当然、能勢酒造のレモンサワーで。
よい感じに酔いが回ってフラフラと堺筋まで歩いてみたら、おでんの「深川」が開いているので突入。

西成・萩之茶屋周辺は「じゃりン子チエ」の舞台としても有名ですが、その空気を最もリアルに伝えているのがこの店である事は間違いありません。

ここののんびりした空気と、こってりと甘いおでんには、ビールの小瓶が似合います。
最後は腹にたまるものが食べたくなって、萩之茶屋商店街を端まで歩いて「ホルモン道場」へ。

おろしニンニクを添えた400円のツラミとビール大瓶をいただいて満腹。
再び西成警察の前を通って、帰り道の動物園前駅まで行ってみると、「大万」さんが開いていたのでお母さんにご挨拶。

座った場所が悪くて酸化した油の匂いをストレートに浴びていたので串物を頼む気にはなれず(笑)、この店では高級品である生ギモを頼みました。酒はストレートの甲類焼酎200円が気分です。
鮮度は当然どうこういうレベルにはありませんが、甘辛のタレにじっくり漬けられているせいか、意外と臭みがありませんでしたね。添えられた生キャベツの端が黒ずんでいたのはご愛嬌。お母さんもまだまだ元気そうで何よりです。
いや~、普段の休みはいろいろと家族に用事があってなかなか自由の身になれないのですが、久々に独身気分を堪能しました♪ チャンスが来たらまた行くぜ~!
スポンサードリンク