二郎インスパイア系のラーメンを出していた近大前のマッチョさんで、新しくまぜそばがメニューに加わったとの事で食べに行って見ました。

ここには土曜にしか来た事が無く、大学が休みだとは言え、昼時にしてはちょっと客入りが寂しいかなあと思っていたのですが、この日はほぼ満席になっていて少し安心しました。まあ、今や行列が当たり前の「麺や紡」も最初はガラガラでしたから、これからマスコミなどで取り上げられ始めると一気にブレイクするかもしれませんしね。
まぜそばの値段は、並が700円で、中・大と50円ずつアップしていきます。
そのまぜそばですが、並用の丼から溢れんばかりに麺・野菜・刻みチャーシュー・ニンニク・ガーリックチップが乗っていて迫力満点です。卵の黄身も入ってるんだけど、具に埋もれて見えません(笑)。麺の量は明らかにラーメンの並よりも多いですよ。
丼の底には少量のスープが入っており、完全な汁なしでは無いタイプですね。コショウも最初からタレに加えられているようです。野菜の量も多いですが、最後まで味が水っぽくなる事はありませんでした。
ただ、まぜそばに加えられているカレー風味については微妙・・・これが好きな人もいるかもしれませんが、個人的にはどうしても違和感を感じてしまいましたね。あと、脂がストレートに口まで来るだけに、最後のほうはちょっとしつこかったです。
その部分を除けば、値段の割りにボリュームも内容も豪華ですし、今大阪で最もお薦めできる合え麺系の品だと思いますね!

スポンサードリンク