残念ながらトラブルで写真データが消滅してしまったので、今回のロサンゼルス安飯行脚は、初訪問の店だけを文章でこれからちょいちょい紹介して行く事にします。
で、ここはロサンゼルスのコリアタウン、Olympic通り沿いにある冷麺が名高い食堂です。日本人には、ハワイにある支店?のほうが有名みたいですね。
メニューには、カルビ焼きやプルコギ、カルグクスといった韓国大衆食堂の定番料理が並んでいますが、やはりここでは平壌式のムル・ネンミョン(水冷麺)を注文しました。
出てきた冷麺はかなりユニークなもので、葛から作られたらしい真っ黒な細麺がシャーベット状に凍らせたスープの中に浮かび、キュウリや大根キムチ、茹でた牛すね肉の薄切り、ゆで卵半分、そしてコチュジャンが載せられています。
そしておもむろに店員さんがはさみで麺をぶった切ると、テーブルの上にある砂糖入れのような入れ物に入ったものを冷麺に入れろと言って去っていきます。入れ物の中身を見てみると、それは何と練り辛子でした。
韓国でも大阪でも韓国冷麺に練り辛子が出た事は無かったので、もしかすると日本の影響なんでしょうかね? 私が日本人である事は分かっていたとは思いますが、それでも各テーブルに最初から置かれているのだから日本人専用のサービスでは無いはずですが・・・
と、それはともかく肝心の冷麺ですが、シャリシャリとした冷たい牛肉スープと、伸びる黒麺、シャキシャキとした野菜やキムチが爽やかさを演出し、それまで肉攻勢に疲れていた胃袋にもスイスイ入って行きました。
アメリカン・コリアンらしく日本の2倍はあるボリュームとは言え、肉の量は「Ham Hung Restaurant」に比べると少ないし、値段は1杯10ドル弱と結構なお値段ですが、味の完成度は非常に高いと思われます。
ロスで冷麺が食べたくなったら、是非ここを訪れてみてください。
Yu Chun Restaurant
3185 W Olympic Blvd Los Angeles, CA 90006
(213)382-3815

[map:3185 W Olympic Blvd Los Angeles, CA 90006]


スポンサードリンク