秘密のケンミンSHOWで美唄名物?として取り上げられた事で、一気にブレイクしたとされる「角屋の焼きそば」が、阪急ファミリーストアの北海道フェアで売っていたので買ってみました。

炭鉱で働く人が、汚れた手のままで食べられるようにとソース味が最初から麺につけられているので、やっぱり最初はそのまま食べるべきかと悩みましたが、晩飯に冷たい麺をかじるのも悲しいものがあるので(笑)、塩コショウだけで炒めた豚肉とキャベツを合わせてみました。写真の毒々しい赤いものは紙じゃなくて紅しょうがです。麺の袋の脇に別添えの袋が張り付けられてました。
麺は、ちょっとだけ生でかじるとシナモンっぽい薬臭さが感じられましたが、油で炒めるとクセが無くなって食べやすいです。
でもやっぱり肉野菜と合わせると味が薄かったので、星鶴醸造のウスターソースを卓上でかけて食べてみたところ、フルーティな味が加わってぐっとおいしくなったので驚きました!
普通の焼きそばにウスターソースをかけてもそんなに味が変わらないのに、この焼きそばだとこんな化学変化が起きるとは意外でしたね~。
でも1玉158円と言う値段は、やっぱり普段使いとしては高めなので、これはこれでおいしかったのですが、次見かけたら買うかどうかは微妙なところかなあ(笑)。

(有)角屋 (焼きそば / 美唄駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク