先週の中ごろからひいてしまった風邪をまた引きずってまして、なかなか外食の開拓が進んでません。今週は更新のネタがまだ残ってますが、来週はお休みするかも・・・

さて、再開発で軒並み飲食店が休みに入ってしまった阿倍野と違って、こちらは一向に再開発が進まないジャンジャン横丁。
通りの東側には殺風景なトタンが張られてままになってますが、西側にはまだ昔ながらの飲食店が固まってまして、ここもそんな中の一軒です。
おでんとどて焼き、他に一品ものというのは、このあたりの立ち飲み店に共通のスタイルですが、はたから見るともうちょっと各店が差別化して競争してもいいんじゃないかと思ったりするのですが、おそらくそれぞれ決まった常連が付いていて、あえて彼らのために変わらないでいるのかもしれませんね。
ここのどて焼きは、普通は多少筋肉に混ざっている赤身の部分がほとんど無く、メンブレンと呼ばれるゼラチン質のところだけが煮込まれているのがユニークです。
メンブレンは長時間煮ないと柔らかくなってくれなくて、店によっては固いものがあったりするのですが、このどて焼きはその点では合格です。
カツオだしが効いたおでんは、調味料の効きが強めで後味はいまいちですが、それぞれボリュームがあって食べ応えがあります。
酒の値段もこのあたりにしては比較的安めで、手軽に酒とアテで腹を膨らませたい、観光よりも労働者の街だった、以前の新世界らしさを残しているお店ですな。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

のんきや (立ち飲み居酒屋・バー / 南霞町駅、動物園前駅、新今宮駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク