武士道とかわっしょいといった、ちぇり~亭系列の元祖であった店に加え、味噌ラーメンの大五郎まで撤退してしまい、再びラーメン不毛の地に戻ってしまった寝屋川近辺・・・

寝屋川では功留館が新功留館となって昼営業が開始したみたいですが、嫁さんの情報ではラーメンはいまいちだそうで、一作や天下一品以外に行くところが無いなあと思っていたら、思わぬところで良い店にめぐり合いました。
いや、もちろんこの店の存在自体は随分前から知ってはいましたが、見た目がいかにも大阪風ライト豚骨でそそられるものが無かったんですよね。
でも一度食べてみると、見た目からは想像できないコクが感じられるのです。
そのヒントは、ホロホロと崩れるぐらいに柔らかく煮込まれたチャーシューの旨み。一口食べれば肉質の良さが分かる、このチャーシューの旨みが醤油ダレに効いているんでしょうな。

個人的には、よりはっきりとタレの旨みが分かる醤油のほうが、豚骨よりは好きかな。でも豚骨もバランス良くておいしいですよ。
ランチタイムは、おにぎりや餃子&ライスがついたセットが格安であり、これらも手抜き無くおいしいです。
何より、車で来られたお客さんには必ず店から出て駐車場まで案内される、女将さんの優しい心配りが何よりのご馳走だと言えますね!
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

がんこパパ (ラーメン / 寝屋川市駅)

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク