天神橋筋商店街には、かつて菊水という行列の出来る有名店があったのですが、残念ながら数年前に閉店してしまい、今では千草とこの店が両看板と言っていいかもしれません。

店内は小さな部屋に小別れした造りになっていて、お好み焼きは山芋がたっぷり入ったふんわり生地で、店の人ではなくて自分で混ぜて焼く方式で、どこを取っても昔ながらのお好み焼き店スタイルなのが貴重ですよね。
ただしそれぞれのボックスはかなり狭いので、大人2人と子ども2人がやっと座れるぐらいと思っていたほうがいいかもしれません。
値段は豚玉の750円からと少々高めですが、生地には豚バラがとぐろを巻くようにぎっしり詰められていて、イカはゲソではなくて柔らかい身の部分だけがどっさり入っており、生地の量も多めなのでお好み焼き1枚で結構なボリュームがあり、CPは意外と良好です。
味付けは、甘辛ウスターと揃ったソース類に、マヨネーズ、青海苔、鰹節、一味唐辛子、ダシ醤油、そしてユニークなニンニクオイルが使い放題で、上の写真のようにネギ焼きの半分をソース、半分を醤油味という楽しみ方も出来るのが嬉しいです。
平日のランチタイムには、お好み焼きや焼きそばに無料でライスと赤出汁がつく炭水化物定食が堪能できるのですが、豚玉とセットにしたらそれだけで腹がパンパンになってしまいましたよ。

また、この店で外せないのは焼きそばで、材料的には何の変哲も無いのですが、それぞれの火の通し方や味付けが絶妙で、これほどバランスの取れた焼きそばは滅多に見る事が出来ない逸品です!
自分で焼く自信が無ければ、お店の人が焼いてくれるので、特にコナモンの扱いに慣れた関西人でも難度の高い、長く切ったばら肉がどっさり入った豚肉入りメニューは、素直に焼きを頼んだほうがオススメですよ。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

双月 (お好み焼き / 扇町駅、天満駅、南森町駅)

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク