普通、ショッピングモールの飲食テナントというと、セントラルキッチン&冷凍主体の無難な味で値段は高め、というのが相場だと思うのですが、この店は全く違いました。

それもそのはず、今でこそ「ポップタウン住道オペラパーク」の中で営業してますが、実は移転する前は創業40年を誇る老舗のうどん店だったんです。
うどんのスタイルは茹でおきでモチッとした大阪タイプながら、意外にもしっかりした腰が感じられておいしいです。注文のたびに茹でられる蕎麦はツルシコなので、ここのうどんも茹で立てで食べてみたいんですけどね~。

単品の値段はかけうどんが380円と標準的ですが、丼物とのセットが格安で、かやくご飯とのセットがワンコイン、親子丼とセットでも750円とかなりリーズナブル。
歯ごたえの良いざるそばと海老2匹と野菜の天ぷら、かやくご飯の天ざる定食などは、たったの880円で上の豪華さですからね!
ダシの味は全体的に甘辛度が強めですが、あくまで自然のおいしさが主体なので嫌味は感じられません。
京阪百貨店がオープンしたオペラパークの第2期工事で、新たにあのうどん棒の支店が強力なライバルとして加わりましたが、変わらず安定した人気を得ているのも納得ですよね。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

宿六 (そば(蕎麦) / 住道駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク