最近はめっきり本業のほうが忙しく、サッカーのほうの更新で精一杯で、ネタは溜まってるんですがデータの整理が追いつかず、今回も久々の更新になってしまいました。

今回のブログ更新はこの店だけですが、既にブログでは書いていた「おもしろい方へ」@住道や、明治屋@阿倍野があべのキューズタウン・ViaあべのWalkに移築オープンしたので、その辺のデータをちょくちょく追加・修正しています。
さて中崎町エリアと言えば、そこかしこに古い町家を改装したバーやカフェなどをそこら中で見かける大阪屈指のおしゃれなエリアですが、そのど真ん中にこんな店が残っているのだから驚かされます。
店名の「盛進商行」を検索すると、かつて占領時代の満州や台湾で貿易商社のような働きをしていた事業主体のようですが、この店とどういう関係があるのかは不明です。
古い民家の中は、何年も放ったらかしなんじゃないかというぐらいに雑多なもので溢れ、壁には阪神の記事が書かれた紙面が貼られていて、カウンターは安っぽい一枚板のみで、料理はそこに並べられたもののみ、酒は冷蔵庫のビールと焼酎お湯割りのみ。
料理は本当の家庭料理で、有り合わせの野菜やキノコなんかがパスタに混ぜられていたりして笑ってしまう。でも味は意外と悪くないですよ。

ストーブで温められている湯豆腐は、ネギ・とろろ昆布・鰹節がこれでもかとかけられ、パッと見では何の料理か分からない状態(笑)。
店の親父さんは椅子に座って始終うとうとされており、耳が遠くて大声で注文しないとなかなか通らない。そこに店の猫が時折うろちょろ。間違いなく、店にサービスを期待する人は行っちゃいけません。
こんな異次元レトロなのに、かえってそれが居心地いいのか、近隣のおしゃれな人達が結構常連になっているのが面白い店ですなあ。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

盛進商行 (立ち飲み居酒屋・バー / 中崎町駅、梅田駅(阪急)、天神橋筋六丁目駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク