5/2は、会社にちょうど工事が入るとかで強制的に有給休暇。次女の幼稚園の送り迎えの間は自由な時間になるので、平日の昼間にしか行けそうにない店を攻めようということで思いついたのが、西田辺にある讃岐うどんの「ゆきの」さん。

何しろ、土日祝が休みの上に昼の営業時間が11時から13時までと、休みがカレンダー通りの勤め人には極めてハードルが高いので、行きたいと思っていながらもずっと未訪問でいたところでした。
自宅からチャリで走って1時間強、11時10分過ぎぐらいに着いたら、既に店内はカウンター1席だけが開いている状態で、連休の中日とは言え凄い人気だな~とのんきに思っていたら、あっという間に外まで人が並びだし、11時半の時点では何と30人近い行列が出来ていました・・・一生懸命走っててよかった(@_@;)
私の注文は、まずはベタなところで「天おろしぶっかけ定食」990円。ランチタイムだと定食類が100円引きになるのが嬉しいですな。
厨房の中でご主人一人で麺打ちから天ぷらまで仕上げられるうどんは、エッジも腰も伸びもそれほど強さや個性を感じるものではありませんが、歯にしっとりと吸いつくようなたおやかさがあり、甘めだけどさっぱりとした旨味を感じる出汁と相まって、胃袋の中にスイスイどんどんと吸い込まれていきます。
また、うどんの提供にジャストで合わせて揚げられる天ぷらがおいしい事は言うまでもありませんね!
そして、定食について来るかやくご飯がまた絶品! 出汁の旨味と油揚げのコクがご飯のひと粒ひと粒にしっかり染み渡り、これだけをどんぶりで食べたい衝動に駆られます(笑)。
いや、単にうどんの旨さだけなら、三ツ島真打や讃岐屋雅次郎、楽々といった店のほうが上回っている部分があるかもしれませんが、全ての要素が同心円の中にきっちり収まった心地良さというか、全部平らげて心の底から「あ~おいしかった!」と満面の笑みで食事を終われる、非常に稀有な店だと思いますね!
ただ、次回はいつ訪れるチャンスが来るか分からないので、ひと通りのジャンルを食べてから評価している本サイトには、いつ載せられるか全く見通しがつかないところだけが大変残念です(笑)。いや、本当にご馳走様!


関連ランキング:うどん | 西田辺駅、南田辺駅、鶴ケ丘駅


スポンサードリンク