いや、店自体は全然隠れているわけじゃないのですが、この前は何百回と通っている私でさえ、つい最近までその存在に気づいておりませんでした(笑)。

店自体に看板は無く、目印は表にかかっている縄のれんのみ、しかも今や派手な看板がずらりと並んでいるジャン横の中では、エアポケットのように視点の死角になってしまっているんですよね。
しかし、中身はこの界隈では珍しい真っ当な居酒屋で、おでんや巨大なだし巻きに使われているダシは滋味深く、刺身の魚はエッジがピンと立っていて極めて新鮮、ガッチョやアカシタという珍しい品が並ぶ魚のから揚げなど、どこを取っても外れがありません。
値段はそれほど激安というわけではありませんが、きれいな鯖の刺し身やヒラメの昆布締めが500円、盛り沢山の天ぷら盛り合わせが600円と、質を考えたらCPはかなり高いと言えますね。
観光客は皆無ですが、常に常連で賑わっていて地元の人に愛されている良店だと思いますね。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

縄のれん田中屋 (居酒屋 / 南霞町駅、動物園前駅、新今宮駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク