Ripreさんのキャンペーンで知ったのですが、日本にスターバックスの1号店がオープンしてから今年で15年という事で、デロンギのエスプレッソメーカーなどが当たるスタバの15周年キャンペーンが行われているそうです。

15周年感謝メッセージの動画も、スタバ全店舗で撮影した映像がパラパラ漫画のように繋ぎ合わされていて、単純な楽しさと同時に、ここまで日本にスタバが広まっているんだという感慨を感じますね。
スタバというと、今やどこの繁華街に行っても一等地に店舗を構えるスーパーブランドとなりましたが、正直に言うと個人的には日本であまりスタバの店舗に入ることがなく、アメリカでの思い出がほとんどだったりするんですよ。
別にそれは海外自慢というわけではなくて、昨年まではアメリカに毎年出張に行っていたのですが、現地での待ち合わせなどの時間調整で暇つぶしをする時に、日本のようにコンビニで立ち読みというわけには行きませんので、自然とそこらにあるスタバに入るという事になってしまうわけです。
アメリカのスタバはだいたいどこもオシャレで、中にはゆったりとしたソファーが置かれている店なんかもあったりして、プラスチックの安物椅子と愛想のない店員がセットになった通常のファストフード店とは一線を画した雰囲気だったのですが、その空気感は日本の店舗にもしっかりと伝えられていますよね。
SMLじゃなくて、ショートやトールといったサイズ表記にも最初は面食らいましたが、もう今ではすっかりおなじみになってしまいました。
15年前は店内禁煙という店は珍しく話題になりましたが、今ではそれも日本では当たり前になりましたし、スタバが初めてマスマーケットに持ち込んだとも言える、ナチュラル、オーガニックといったアメリカ西海岸の風が日本に与えた影響力ってのは決して少なくない気がします。
特に子供が生まれてからは、なかなか家族では楽しみにくいコーヒーショップとは縁遠くなってしまいましたが、あと数年して子離れの時期を迎えたら、また休日などにゆっくりと好きな本を読みながらコーヒーを楽しみたいものですなあ。
スターバックス15周年記念特集

スポンサードリンク