今回は南インド料理に浮気をしてしまいましたが、東京出張の私的恒例と言えば、やはりラーメン二郎です(笑)。
いや、最近はもう並サイズを食べ切ることが出来ませんし、大阪にも二郎系の店が出来てきてあんまり東京で食べる必要性は無いんですが、何となくこれが無いと落ち着かないんですよね~。
と言う訳で、今回の出張先の場所を考えて選んだのは千住大橋店。本当は神保町店へ行きたかったのですが、行列が半端ないそうで諦めました。
千住大橋店は、京成の本当に駅の真ん前にあって、改札を出て30秒で店に着くことができます。時間がもったいない出張者にとってはアクセスも重要なポイントですよね。11時半ぐらいの来店だったので待ちも3人程度で狙い通りです。

ここの特徴は、二郎にしては麺が柔らかめに茹でられることで、ゴワッとしたいつもの食感じゃなくて普通のビロビロした平打ち麺の味わいになっているのが不思議な感じです。
そして、東京の二郎はだいたいどこでも塩辛いんですが、ここのはそれにも増して塩辛いというか、甘さも強くて味が濃い! のスたも濃いなと思いましたが、ここはその比じゃありません。
たっぷり入っている肉もまたカエシできっちりと染められているので、関西人の舌にとってはかなり大変でした。スープのダシは良く出ていてベースとしては優秀なんだなとは思いますが、あまりに味が濃すぎて耐え切れずに途中でギブアップ。_| ̄|○
巷では評判の良い店ではあったのですが、ちょっとオサーン関西人である私には合いませんでしたね~。
やっぱりそろそろ関東二郎行脚は引退したほうがいいかもしれませんなあ・・・


関連ランキング:ラーメン | 千住大橋駅、南千住駅、北千住駅


スポンサードリンク