大正の沖縄ホルモンの噂は、随分前から聞き及んでいたのですが、何しろ場所が仕事先からの帰り道とは正反対、しかも徒歩でのアクセスが悪い、子供と一緒じゃ難しい立ち食いホルモンということでなかなか訪れることが出来ませんでした。
しかし、ようやくデータをアップ出来る目処がつきました。
想像ではもっとひなびた店をイメージしていたのですが、実際に訪れてみると近頃のたこ焼きチェーンのように、派手めの店構えに「沖縄ホルモン ok-h」と店名もモダンにリニューアルされています。

でも、店に一歩入ってみると、民家の土間に大きな鉄板カウンターがしつらえてあって、客は店員が大量のホルモンを焼いているそばでビールを飲みながら食べている状態です。
メニューは、ホルモン(腸)とアブラミ、レバーが1本60円、ハラミが110円となっており、ある程度肉を焼いてから串に刺すスタイルが独特ですな。
アブラミはコラーゲン豊富な感じでプルプルですが、それ以外は昨今の事情もあってか火の通りがしっかり目でちょっと固めの食感。味はこってりとした甘辛で、ビールもですがご飯にも合いそうです。
食べている間にも、店には何十本もの持ち帰りのオーダーが通っていて、豆腐が入っているようなプラパックにどっさりと入れられていて、近隣に愛されているお店だなと感じます。
ここ以外にも楽しそうな店が大正にはたくさんあるようなので、時間があればもっといろいろと探索してみたいですなあ。
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

宮城ホルモン店 (ホルモン / 津守駅、西天下茶屋駅、木津川駅)

昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク