今年のランチのトレンドとして第一に挙げられるのは、夜は接待族を相手にするような高級店が、1000円以下の価格で刺身などが出て来るリーズナブルなランチを提供する、「北新地のお値打ちランチ」という事になるでしょうか。
B級グルメハンターとしては、いくら北新地とは言え1000円するランチを食べようとは思いませんが、ネットに出て来る内容を見ていると確かにそそられるものがあります。
もっとも、飲食店はどこもそうなんでしょうが、ランチとディナーを両方やっている店にとっては、ランチは夜に来る客のための宣伝、もしくは余剰食材の消費と割りきって採算ギリギリでやっているパターンがほとんどだと思います。
それは、B級グルメ界でも似たような動きになっていて、とにかく今年良く目立ったのは、ワンコインランチを出す店が増えた事。それも、他のランチメニューが800円とかなのに、どんぶりもの1品だけが500円だったりするパターンが多かったですね。
これは明らかに「ランチの中のランチ」、「マクドナルドメソッド」と言うべきか、まずは安いメニューで宣伝して客を釣って、他のメニューで採算を取るという狙いがあるのは見え見えですよね。
別にそれ自体を非難する意味合いは全く無いのですが、単発メニューで書けばいいブログならともかく、店全体のメニューから評価するサイトを運営している人間にとっては、こういうお店は本当に行きづらいのですよ・・・
とまあ、またも前置きが長くなってしまいましたが、そんな中から今年選んだのは「鉄板焼き 海」「立ち呑み処 和」のランチ。
海さんは、とん平モダンの超絶ボリュームに加え、ご飯までもがお櫃、しかも4種のふりかけ完備という、大食漢には涙が出るほどのサービスぶりが凄いです。それでいて値段は6~700円と非常にリーズナブル。他のメニューもアツアツでどれも外れなし。
そして、大阪駅前第1ビルの地下2F食堂街にある、和さんのランチ。立ち飲み屋としても激安で名を馳せる店ですが、ランチもワンコインでありながら8種類ものメニューを揃え、メインの他に5種類もの惣菜がついていて、1日30品目は一発でクリアというヘルシーぶり。小汚い(失礼)店でありながら、女性客の姿が珍しくないのが納得です。
他には、値段は安くないですが生でも食べられる長崎芳寿豚のプリプリさが衝撃だった「くんち」なんかも印象に残りましたね。
スポンサードリンク