今はB-1グランプリと言えば、町おこしを図る全国の自治体が優勝を目指して死に物狂いになる日本有数の食イベントになってしまいましたが、何故かBグルの代名詞である大阪からの出場がほとんど無かったりするんですよね。
ネギ焼きやどて焼きはもはや全国的に当たり前過ぎるしょうが、イカ焼きやちりとり鍋、岸和田のかしみん焼き、大正のホルモン串、平野の串かつ、西成のあっさりしたホルモン煮込みなど、特徴のあるローカルグルメは多いと思うんですがねえ・・・
そしてここの「尼崎ちゃんぽん」も、そんないまいちメジャーになりきれないご当地Bグルの一つである事は確かでしょう。

尼崎ちゃんぽんの特徴としては、豚骨ではなく醤油味のあんかけスープとたっぷりの野菜が載っている事で、個人的にはこういうタイプは好きなんですが、横浜方面で有名なサンマーメンに似ていると言えばそうですし、やはりB-1に出るほどのインパクトがあるかと言われると微妙ですねえ・・・

この日はグルコバ前の腹ごしらえとして、炒飯と一緒のセット、そして餃子を注文しましたが、餃子は野菜たっぷりで200円とリーズナブル、炒飯は刻みチャーシューの味が効いていてとてもおいしかったですよ。
昼時だったのでどんどん後からお客が入って来て、Bグルうんぬん関係なしに街場で愛されている人気店なのだなと思いました。


関連ランキング:中華料理 | 尼崎駅(阪神)、出屋敷駅


スポンサードリンク