昨年は、日本にとっても世界にとっても厳しい年でした。個人的にも、仕事の人事異動などがあって後半は特にアタフタさせられる1年でした。
今年はさらに仕事が大変になりそうですが、皆さんにとっては素晴らしい年になる事を願います。
と言う訳で、まずは年越しの飲み食いを~。
30日は、恒例の鶴橋買い出し。正月用の蒸し豚や鰹節などを買い込みながら、鶴橋魚市場をウロウロ。
本当は鯖寿司を作ろうかと思っていたのですが、大晦日に嫁さんがイベントへ出かけるのと、次女がしめ鯖を食べないので、マグロの寿司にしようと思ってマグロ問屋「豊崎」さんのお薦めでスペイン産の蓄養本マグロを購入。

結局その日にちらし寿司に載せて食べてしまったんですが、これが滅茶苦茶美味かった! サクを切る時に触った手に、いつまでも香りが残るほど味が濃く、脂の乗りも中トロかと思えるほどに素晴らしく、文字通り舌の上でとろけました・・・家族にも当然大好評で一瞬にして消えちゃいましたよ(笑)。
寿司ネタサイズで15枚ぐらい取れて1200円でしたから、このレベルのマグロを普通の寿司屋で食べたら2貫で800円ぐらいは取られるんでしょうねえ。
で、大晦日は市場で買った真昆布と鰹節を使って、年越しそば兼雑煮用に大量のダシ作り。
年越しそばのダシには煮干しも加え、3個128円の天ぷら(笑)と揚げ茄子を添え、ご飯物は蒸し豚を炙って甘辛いタレをかけたものにしました。

ちゃんとした海老天にすれば見た目はもっとマシになったんでしょうが、立派な天ぷらを麺類に入れて食べるのはあまり好みじゃないんですよね。かえって、こういうほとんど天カスのような物の方が、麺の邪魔にならなくていいんですよ。
でもダシは良い材料をふんだんに使ったおかげで出来は完璧でした。かえって、スーパーで売っているストレートのうどんだしよりもコストがかかってるんじゃないかと思うぐらい(笑)。そう考えると、ちゃんとした関西うどんの店が高いのも納得せざるを得ないですよねえ。
そしてさっき食べた白味噌雑煮。味噌は京阪百貨店で買った石野味噌を使いました。味噌だけは、市場などで買うと量が多すぎるので、雑煮かどて焼きぐらいにしか使わない我が家では、百貨店にある小さなパックで十分なのです。

ダシも良し、味噌も良しという事で出来は言うまでもありませんね♪
では、これから実家と一緒にフグを食べに行ってきま~す。
《石野味噌》石野の白みそ【500g】

《石野味噌》石野の白みそ【500g】
価格:525円(税込、送料別)


スポンサードリンク