先週、仕事から帰ってくると晩御飯としてこの駅弁が待ってました。

これは千葉駅万葉軒の駅弁で、佐原水郷のブランド鶏の鶏そぼろご飯の上に鶏の照り焼きが載っており、そこにいわゆる「食べるラー油」をかけて食べるもののようです。
だいたいにおいて駅弁での鶏めしはまず外れが無い定番なのですが、鶏そぼろとご飯がやや淡白ではありますが、ラー油をかけた佐原赤鶏の照り焼きが良いアクセントになっていて、最後までおいしくいただけました。
ただ付け合せが、がんもどきを煮たものと、こんにゃくとさつまいもの茎の佃煮、梨ゼリーという品揃えでちょっと味の気分転換になりにくかったので、そこがもう一つ工夫されていればもっと良かったですね。
でも、総体的にはなかなか良い弁当でした。ご馳走様!
スポンサードリンク