土産向きの品に事欠かない明石・魚の棚商店街で、私が結局買ったものは・・・
何と言っても明石といえばこれでしょう、明石ダコ!

活けでも売ってましたが塩もみとか面倒くさいので、ゆでダコの半身(600円)にしました。大阪のスーパーだったら輸入ダコの足2本で300円とかしたりするので、これなら十分お得ですよね。

嫁さんと子供が帰って来てからたこ焼きを作り、残ったタコは晩酌にたこぶつで食べてしまいました。

明石のタコは、その辺の立ち飲みで食べるようなタコと違ってとても瑞々しくて柔らかくむっちりとしていて、分厚く切っても箸で切れるぐらいです♪
そして、旬が終わりに近づいている「いかなごのくぎ煮」。

これは白川南店で買ったものですが、小粒で柔らかくて美味であることは言うまでもありません。でも、ちりめん山椒に馴染んでいる元京都人としては、くぎ煮はちょっと甘くてご飯向きでは無いですね。
最後はハセ蒲鉾店の「たこ天」。いわゆるさつま揚げの一種です。

直径20cmはある巨大サイズで、ピザのように切らないと皿に乗りません(笑)。タコの切り身がところどころに埋まってますが、タコ云々よりも、この薄さからは想像しがたいほどの、すり身のシコシコとした歯ごたえがたまりません。
うん、今回の明石旅はどこを取ってもおいしくて満足しました! 次はいつになるか分かりませんが、また是非訪れたいですね~。




関連ランキング:天ぷら・揚げ物(その他) | 山陽明石駅、明石駅、人丸前駅


スポンサードリンク