自分の家で肉メインの料理を食べる時は、だいたい鶴橋の「とらちゃん精肉部」や御幸森商店街の肉屋で安くて良さそうな品を選ぶのが私のパターンなのですが、今日は和牛で焼肉!という時にはこちらに来ることが多いです。

それが、野江内代にある「薩摩の久保」さん。「鹿児島のざき牛」にこだわっているお店です。
どちらかと言うと2Fにある焼肉店のほうが有名ですが、1Fは立派な精肉店になっており、黒毛和牛の霜降りのバラやロース肉が100gで500円からという大変リーズナブルなお値段で買えるんですよね。

塩タン用の上タンもこのキメの細かさと美しさで700円ですよ! さすがに生のタンではないのか、歯触りのサクサク感はやや乏しいですが、旨みとジューシー感は申し分ありません。ツラミは400円という値段ですが、ツラミとは思えないほど柔らかくて肉厚。
さらに、普通の肉屋で買えば、確実に100gで200円以上は取られる和牛テールもたったの150円というリーズナブルさ。暑さが和らいできたら、ここのテールでコムタンを作ってみようかな。
赤身肉も見た目は霜降りですが脂っぽさはあまり感じず、さっと舌の上でとろけますね~。ただ、自分の好みからすると肉が厚めなのがちと惜しい。個人的にはこの2/3ぐらいでちょうどいいかな・・・でも十分満足ですけどね!
肉にはタレを付けてくれるのですが、焼肉店についての食べログコメントにもあるように、どうも醤油辛くて単調な味なので、自分で好みのタレを買ってきて使うといいと思いますよ。


関連ランキング:焼肉 | 野江内代駅、野江駅、都島駅


スポンサードリンク