この日曜は、羽曳野市向野で行われた「むかいの南食ミートミートフェア」に行って来ました。
時折小雨のにわか雨がぱらつく少し肌寒い天気ではありましたが、開場前から長い行列が出来ていてたくさんの方が来場してましたよ。

このミートミートフェアは、食肉の街である向野で行われるイベントとあって、お肉に関連する食べ物が非常に豊富で安いのが嬉しいんですよね。
まずは毎年買っているタケダハムが出店しているソーセージ盛りと、ぶつ切り牛肉の炭火焼。

紙コップにてんこ盛りのソーセージに、プラパックにミチミチ詰められた肉が2つ合わせて300円! 普通の屋台であれば軽くこの3倍の値段はしますよね。原価的には完全に儲け無しですよ・・・(@_@;)


これは無料で振舞われていた豚汁。これにも、分厚い豚肉がたっぷり入っているのが食肉の街ならではという感じですな~。


これは子供用にネギ抜きで頼んだかすうどん。200円という値段なのに、今では高級食材となってしまった油かすの大きなぶつ切りが入っているのが嬉しいです。これも、他の場所なら倍以上の値段は取られますね。

物販で一番人気なのが、梅酒メーカーのチョーヤとの協力で、梅酒に使った梅を牛の飼料に使って育てた大阪産の黒毛和牛「大阪梅ビーフ」の即売。
ほとんど市場に出回ることがない幻の食材で、売っていたとしても軽くグラム1000円以上の値段がするブランド牛が、ここだと150g入って1000円で買えてしまうのだから人気が高いのも頷けます。
今回は子供にせかされたので午前中のうちに帰りましたが、午後のステージイベントでは、豪華食肉が当たる抽選会やクイズなんかも開かれていますし、景品がもれなくもらえるキッズゲームコーナーもあったりするので、大人も子供も楽しめるイベントですよ!

大きな地図で見る
スポンサードリンク