阪神の駅弁大会は昨日で終わってしまいましたが、買ったもんの紹介はまだ続きますよ!
駅弁5個目は、小淵沢駅丸政の「元気甲斐」。これも、阪神では初めての登場なのではないかと思います。

丸政さんは、今回ギャートルズ肉が入った「山賊バーバキュー弁当」の実演販売をしておられたのですが、その一角でこの元気甲斐を限定50個で売っていました。
昔、山本益博氏や糸井重里氏らが登場していた「探検レストラン」というバブリーな番組による駅弁プロジェクトで誕生した弁当なのですが、バブルが崩壊してもこの弁当だけはしっかり続いているのが面白いです。

菊乃井と吉左右という東西の名料亭の手による、「一の重(胡桃御飯、蓮根の金平、山女の甲州煮、蕗と椎茸と人参の旨煮、蒟蒻の味噌煮、 カリフラワーのレモン酢漬、ぜんまいと揚げのごまあえ、セロリの粕漬)二の重( 栗としめじのおこわ(銀杏・蓮根入り)、鶏の柚子味噌あえ、わかさぎの南蛮漬け、山牛蒡の味噌漬け、アスパラの豚肉巻、沢庵)」という絢爛豪華な内容は、今でも十分驚きに値しますね。
それぞれ丁寧で上品な味付けが施された山の幸を中心にしたおかず、笹や経木の香りが染み込んだおこわなど、当然ながら味の方も一級品です。
今の時代は、海鮮ものや銘柄肉系の駅弁がキャッチーで人気ですが、こういった山の素材を活かした品がもっと見直されてもいいような気がしますね。どうもご馳走様!

元気甲斐弁当 / 小淵沢駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク