グルコバの開催でお世話になっている阪神尼崎の商店街。
その中の三和本通商店街に、尼崎の地場物産を販売している「MiA(メイドイン尼崎)ショップ」というお店があり、そこで売っているワンダフルソースという地ソースが前から気になっていました。
このソースを作っているのは、尼崎市の北部、園田の方にある「ハリマ食品」というメーカーで、甲子園球場で売られている焼きそばもここのソースを使っているそうですね。
パッケージは、ツートーン地のラベルに「WANDAFURU」と何故かローマ字スペルになっている黒一色の文字、そして何ともゆるキャラな坊やのイラストが描かれてあってオシャレですね。ヘルメスソースのラベルがアール・ヌーヴォーだとすれば、さしずめこちらはアール・デコの趣があります。

ソースの封を開けてまずビックリしたのは、シュポッ!とシャンパンの栓を抜いた時のような音がした事。おそらく、瓶内で発酵が進んでいたせいなんでしょうが、当たり前ですが全く予測してなかっただけに腰を抜かしました(笑)。
早速スーパーで買ったメンチカツにかけて食べてみますと、まず驚いたのがフェンネルの香りを感じたこと。クミンやコリアンダー、シナモンはウスターソースでお馴染みの香りではあるのですが、ちょっと仁丹っぽいフェンネルをここまで効かせたソースは非常に珍しく、インドっぽい個性がありますね。
でも辛味成分はそれほど強くなく、スパイシーではありますが刺激性は少なくまろやかで、子供用にも十分いけますね。そして個人的には甘みが少なめなのが嬉しいです。関西のトンカツ地ソースはお好み焼き用がメインの用途なだけに、甘みが強くてそのままだとフライものには使いにくかったりするのですが、これなら十分他の用途に使えます。
買う前は、正直言ってあまり期待はしてなかったのですが、まさに万能型のとんかつソースと呼べる魅力の高い品で、これは思わぬ掘り出し物でした。メイドイン尼崎の通販サイトでも購入できるみたいなので、皆さんも是非お試しを!
スポンサードリンク