嫁さんの仕事の関係で、だいたい週末は私が子供の面倒を見る事が多く、普段はなかなか昼間に一人でぶらぶら出かける時間が取れません。
ところが、今年のGWは中日に休みを取っても良いという会社からの指示が出たので、5/1に休みを取って久々に神戸まで長距離サイクリングをする事にしました。

こどもの日が近いとあって、夙川では鯉のぼりがはためいていました。
独身時代は、何度か神戸まで自転車で走り、そこからジャンボフェリーで香川に渡ってうどん巡りをしていたぐらいに神戸へのサイクリングはお馴染みだったのですが、結婚してからは初めてですかね~。
で、せっかくなので子供連れでは行きにくい店でランチをしようと思ったのですが、意外と店選びに困ってしまいました。
さすがの私でも徒歩や近所ならともかく、自転車での長距離走行中にアルコールを入れるわけには行きませんし、中華はかえって子どもと行くほうがいろいろ頼めて良いし、インド料理も1人で行くならビュッフェ(神戸の店はほとんどが金曜のみ)でないとやっぱり品数が寂しいと、あちらを立てればこちらが立たず状態。
アルコール抜きでも平気な料理となると、自分的にはうどんかラーメン、洋食。でもうどんとラーメンは子供連れでも問題が無い(うちの次女が大の麺好き)ので今回選ぶ理由としては弱め。となると洋食、そして駅から遠目で行列が出来る人気という子供連れでは難しい条件の店に絞りました。
そしてチョイスしたのは「洋食の朝日」。食べログでも最上位に位置する評判店です。GWの中日とは言え平日、11時半という時間なのに5人ほどの行列が出来ている凄い人気。
お客さんのほとんどが、名物のビフカツを頼んでおられましたが、京都で今は亡き「わらじのムラセ」で育った私はあまり肉厚でレアなビフカツが好みではないのと、1300円という値段に躊躇して、1000円のとんひれかつ定食にしました。

丸く可愛い形に揚げられたヒレカツは、びっくりするぐらいに柔らかく、臭みが無くて大変美味しいです。サラダにかけるオリジナルのドレッシング、ツヤツヤのご飯、ダシが効いた味噌汁と、全てにおいてレベルが高く、抜かりが無い料理です。
大阪の同じ洋食ジャンルで評判の高い「とんかつ ひろ喜」と似たような方向性かなと思いますが、ひろ喜がかなりの待ち時間が必要になってしまうのに対し、朝日のほうは段取りが整理されてる感じでほとんどお客さんを待たせないのが良いですね。
ただ、頭の中がすっかりドミグラスソースになっていたのに、ヒレカツについていたのはとんかつソースと辛子だったのでちょっと拍子抜け。いや、料理は美味しかったので文句はないですが、次こそはドミグラスソースを使ったメニューにしようと心に固く誓ったのでした。
洋食の朝日

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:洋食 | 西元町駅花隈駅大倉山駅


スポンサードリンク