連休中の自作料理。休みの日は、どうしてもご飯じゃなくてビールのおかずとして食べることが多いために、あっさりした和食よりも中華や洋食系を作ることが多くなっちゃいますね。
で、この日は卵が特売で安かったので王将ではお馴染みのメニュー、「木須肉」を作りました。木須肉の発音は「ムースーロー」に近いそうですが、何故か王将の店員の呼び方は「ムーシーロー」だったりしますね。
豚肉は醤油と酒で下味をつけ、きくらげは水で戻して一口大、小松菜は下茹でをして適当な大きさに刻み、ショウガとニンニクはすりおろしておきます。
卵はときほぐして軽く塩コショウ、日本酒と創味シャンタン、醤油、オイスターソース、砂糖を適当に合わせてレンジでチンし、溶かしておきます。
多めの油で卵をふんわり炒め、いったん外に取り出しておき、ゴマ油を入れて豚肉を炒め、火が通ったらショウガとニンニク、ニンジンを入れてさらに炒めます。
ニンジンに火が通ったら小松菜、取っておいた卵焼き、合わせ調味料を入れてさっと炒めたら出来上がり。

自分で作るとちょっとカロリーが心配ですが、卵をたくさん入れると美味しいですよね。子供らにも好評であっという間におかずが無くなってしまいましたよ。
スポンサードリンク