GW中に、スパイスの在庫チェックをしていたところ、箱の底の方からシンガポールへ旅行した時に買って帰ったバクテーの素を発見してしまいました。
素つっても全部スパイスと漢方なので、賞味期限なんてあって無いようなものだとは思いますが、そのままほっとくとまた忘れてしまいそうだったので、鶴見の中国朝市で買った1kg800円の豚スペアリブを半分使って作りました。
バクテーには、野菜やモツが入ったマレー風のこってりタイプと、ほぼ豚肉のみが入った潮州風のあっさりタイプがあるのですが、これは潮州風の品ですね。
漢方はストッキング状の袋に入れてしばり、1.2リットルの水にスペアリブと一緒に入れて火をかけます。沸騰して灰汁を取ったら弱火にし、そのまま30分ほど煮込みます。
その間に大きめに刻んだ大根を下茹でしておき、ニンニクを8かけ分皮をむいておきます。
漢方の袋を捨てて大根とニンニクを加え、薄口醤油を大さじ4とオイスターソースを大さじ1ほど入れ、保温鍋をセットして半日。最後に塩を調節して粗挽き黒コショウを添えて出来上がり。

貧乏性なもので、袋に書いてあった作り方よりも長めに漢方を煮込んでしまったので、出来上がってすぐはぶっちゃけ薬臭く、これはちょっと失敗したかなと思ったのですが、翌日の朝に食べてみると薬臭さが落ち着いてマイルドになり、美味しく食べる事ができました。
日本人の場合は特にこういう臭いに慣れてないので、そうやってある程度時間を置いてから食べるほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク